SPEC

01 基本性能(長期優良住宅対応)

_S4I0735.jpg

耐震性

在来軸組に金物工法を組み合わせた「APS工法」です。

外壁すべてに耐震パネルを貼り、強度を上げています。

基礎はもちろんベタ基礎です。

<耐震等級2>

0006S.jpg

耐久性

壁も屋根もガルバリウム鋼板。

​室内は柱や梁があらわしになっているので、維持管理も容易です。

<劣化対策等級3>

<維持管理対策等級3>

セルロース施工.jpg

断熱性

壁と屋根には断熱性と調湿性を兼ね備えたセルロースファイバーを充填します。

床下エアコン標準装備のため、

基礎断熱も行います。

<​断熱性能等級4>

※耐震等級とは、建物の耐震性を3段階で評価するものす。​等級1は建築基準法の規定を満たす水準(数百年に1度の大地震でも倒壊しない、震度5程度では損傷しない)、等級2はその1.25倍の地震にも耐えられる水準(主に学校や病院などに求められる耐震性能)となります。ちなみに、等級3は消防署など防災拠点に求められる耐震基準です。

※劣化対策等級とは、住宅を長持ちさせるための対策の水準を表すものです。最高水準が等級3であり、通常の自然条件および維持管理条件の下で3世代(75年~90年程度)まで大規模な改修が不要な水準とされています。

※維持管理対策等級とは、給排水管やガス管の日常の維持管理のしやすさや、排水管の更新を軽減するための対策を表すものです。最高水準が等級3であり、構造躯体と仕上げに影響を及ぼさずに配管の点検、清掃が行なえ、構造躯体に影響を及ぼさずに配管の補修が行なえる水準とされています。

​※断熱性能等級とは、建物の省エネルギー性能を表すものです。最高水準が等級 4 であり、現行の省エネ基準(H25年基準)相当となっています。

02 内装仕上げ

C051.jpg

床は杉の無垢フローリング。

​足ざわりが柔らかく、

冬でもヒヤッとしません。

0022.jpg

壁には調湿・殺菌効果のある

スイス漆喰を採用。

DIY施工もしやすい材料です。

0065.jpg

天井

天井は針葉樹合板仕上げ

又は杉羽目板張りとなります。

03 設備機器

※設備機器はご要望により、どのメーカーにも変更可能です。お客様支給品にも対応いたします。

B063.jpg

キッチン

対面キッチン

​引出タイプ・食洗機付き

C001.jpg

トイレ

1階&2階トイレ

​手洗い付き

B071.jpg

​ユニットバス

1616(1坪)サイズ

あったか断熱仕様

0018.jpg

熱源

オール電化

​エコキュート、IH

B078.jpg

洗面

ハイバック洗面台

​収納付き

0011.jpg

サッシ

YKKAP APW330/331

高性能樹脂窓